家づくりにおいて建築現場へ足を運ぶことも重要な理由

MENU

家づくりにおいて建築現場へ足を運ぶことも重要な理由

家づくりにおいて建築現場へ足を運ぶことも重要な理由

 

「仕事が忙しくて、我が家の建築現場に足を運べない」「ある程度建物ができたら見学をしに行こう」など考えている人も少なくないでしょう。しかし、注文住宅は高額な買い物で、これから何十年と家族が暮らしていくものです。大切なマイホームがつくられる過程をチェックすることは非常に大切です。

 

強引に時間をつくってでも建築の様子をチェックしに行くようにしましょう。思い出にもなりますし、手抜き工事を防ぐことにもつながります。また、何らかの変更を加える場合は、工事が完了した後だと難しいです。やり直しが必要になり、場合によっては非常に多くのコストがかかります。

 

基礎工事に関しても、自分の目で確認するようにしましょう。過剰なひび割れがあるかもしれませんし、工事スタッフ・職人の態度が非常に悪いかもしれません。そんな状態でマイホームづくりを続けるのは不安で仕方がないでしょう。何か気になることがあれば、すぐに担当者に伝えれば解消できる可能性があります。

 

見学をしていて「やっぱり窓を1サイズ大きくしたい」「ドアの位置を変更したい」などの要望がある場合も担当者に伝えれば、すぐに見積もり等を用意してくれるものです。

 

基礎工事を蔑ろにして見学には行かない人も少なくありませんが、家を支える重要な部分ですので時間をつくって行くようにしてください。

 

 

建築工程の要所はぜひチェックしたい

家づくりが楽しいのは、打ち合わせや完成したときだけではありません。家が完成していく工程を見ることも家づくりの醍醐味です。これまで担当者とじっくり打ち合わせをして決めてきた間取りや仕様が、少しずつ形になっていく様子を見ることができます。自分の目で直接見ることでマイホームを持つことの実感も湧いています。

 

基礎工事のコンクリートを打つ、上棟式、内装仕上げ、外装仕上げなど、せめて各工程の要所はチェックするようにしましょう。家族で見学をすれば、完成までのワクワクも倍増するはずですし、図面でないからこそいろいろな発見があります。

 

 

不安な場合は第三者機関の検査も検討

これから大切な家族が生活を送るマイホームですから、第三者機関のチェックを検討する人も少なくありません。「自分たちが見てもすべてをチェックできないし、素人だからわからない」「業者が検査をしても身内だと悪い部分あっても見て見ぬふりをするのでは?」など、不安に感じている人も多いようです。

 

住宅が完成したあと第三者機関にチェックしてもらうこともできますが、それでは基礎の配筋や柱・梁、外装下地などは確認ができません。

 

JIOなどの第三者機関が住宅をチェックする業者であれば、あとから確認できない部分も都度チェックをし、欠陥住宅でないか調査してくれます。そのうえで問題がなければ保証書も発行されるため安心です。

 

完成後の竣工検査のチェックとは?

注文住宅の各検査は、配筋検査や構造体検査、外装下地検査(断熱材検査)、完了検査などをおこないます。そして、建主立ち会いのもと実施される竣工検査もあります。竣工検査を実施する前に業者による検査は終わっているため、基本的に大きな問題が出てくる可能性は低いです。しかし、小さな傷や汚れ、ムラなどは見つかることもあるため時間をかけて隅々までチェックすることが大切です。以下は竣工検査時にチェックしたい主なポイントです。

 

  • 給水・排水に問題はないか
  • 設備機器はどれも使えるか
  • インターホンは正常に動作するか
  • 壁や床に傷や汚れはないか
  • 鍵はかかるか
  • 希望していたオプションは反映されているか
  • 建具はスムーズに開閉するか
  • コンセントはすべて使えるか
  • 家の周辺は整理整頓されているか
  • お湯は適温が保たれているか

 

など、しっかりと確認をしましょう。チェックをしないのは問題ですが、チェックをしすぎて困ることはありません。家族が住む大切な住まいだからこそ、時間をかけて納得するまで自分たちの目でチェックすることが重要なのです。

 

大工の体験談

 

家が建てられる工程を見るのは、大変楽しいものです。
特にお子さんがいるご家庭では、家が建てられる工程を見ながらお子さんと一緒に家の夢を語り合うほほえましい光景が見られます。

 

またお子様がこれからというご家庭でも、奥様と一緒に将来の家族像を想像して、楽しげに話されていたご夫婦がいらっしゃいました。

 

家の事はよく分からないからといって特にご確認いただかないのではなく、出来れば定期的に家を建てる工程を、ぜひ確認していただきたいと思っています。

 

 

 

>>意外といける!20代で土地付き注文住宅を買う方法 カテゴリーに戻る

 

>>注文住宅の費用や相場TOPページに戻る

 

関連ページ一覧

持ち家か賃貸か

「20代の若いうちでも土地付き注文住宅は建てられる」住宅会社のチラシやホームページにこのような文言が謳われていることがあります。「そんなわけがない」とあきれる方もいるかもしれませんが、実は十分実現可能な内容です。いつかは、夢のマイホームを持ち家族で楽しく過ごしたいと思っている方も多いことでしょう。「...

チラシ・広告のチェックポイント

不動産広告のチラシには表記には決まりがあるマンションやアパートの集合ポストにマイホームのチラシが入っていたことはありませんか。「家賃並みの支払いで夢のマイホームが持てる」など、興味を惹くようなキャッチコピーや説明が載っているものです。チラシだけでなく住宅情報誌やWEBサイトでも同様でしょう。広告表記...

まずは不動産会社へ相談

マイホームを建てたいと考えた場合、まずは、折込チラシや住宅情報誌、WEBサイトなどで情報を探すことでしょう。注文住宅を建てる場合も建売住宅を探しているとしても、立地や価格、仕様、建設業者など、さまざまな情報収集が必要になります。そして、多くの情報を集め、気になる物件・土地が見つかった後は次のステップ...

注文住宅の土地探しはとっても重要

マイホームを検討する際、建物の設計やデザイン、設備など、どんな家に住むかばかりを考えがちですが、満足度の高いマイホームにするためには最初の土地探しが非常に重要です。なぜなら、どんな土地を見つけるかで、交通利便性や生活利便性が変わってきますし、予算や建てられる家の大きさや形状にも影響があるためです。業...

20代で土地付き注文住宅を買うメリット

せっかく高い予算をかけてマイホームを完成させたとしても、家族が顔を会わせることが少なくコミュニケーションがとれないような家であれば、満足度の高い家づくりとは言えないでしょう。資金が豊富にある場合であれば、家族の要望を100%反映することも可能ですが、予算には限りがあります。少ない予算の中で、できるだ...

新築は家賃並みの負担で購入できる?

「毎月支払っている12万円の家賃がもったいないから新築一戸建てを購入したい」「毎月10万円の家賃を支払っているけど同じくらいの金額で家を買えるかどうか不安」など、毎月支払う家賃をもったいなく感じたり、住宅ローンに不安を感じて購入に踏み切れない人は多いものです。「まだ若いからゆっくり検討すればいい」「...

家づくりにおいて建築現場へ足を運ぶことも重要な理由

「仕事が忙しくて、我が家の建築現場に足を運べない」「ある程度建物ができたら見学をしに行こう」など考えている人も少なくないでしょう。しかし、注文住宅は高額な買い物で、これから何十年と家族が暮らしていくものです。大切なマイホームがつくられる過程をチェックすることは非常に大切です。強引に時間をつくってでも...

長く住む家だからこそ保証内容・契約内容はしっかり確認

入居後の10年間は住宅メーカーが瑕疵担保責任を負う末長く安心・安全に暮らしていくためにも、完成後の保証内容が気になる人も多いことでしょう。マイホームが完成して10年間瑕疵担保責任があるため、万が一、瑕疵が見つかった場合は保障を受けることができます。建築事業者に義務づけられた住宅瑕疵担保責任の範囲は以...

注文住宅と建売住宅の違い

「注文住宅と建売住宅どちらにしようか迷っている」という人も多いのではないでしょうか。どちらにも良い面があるため、一戸建てをマイホームにしたいと考えている人にとって、悩ましい問題です。ライフスタイルや要望、予算など、自分たちの条件に合った家づくりをすることが大切なので、「◯◯の家の方が良い」というのは...

家づくりにかかる費用は沢山ある?見積もりは細かくチェック

注文住宅を建てる際に、どのような費用が発生するのか把握できていないと精度の高い資金計画を立てることはできません。曖昧な資金計画だと大幅なズレが生じてしまい、当初決めていた予算を遥かにオーバーしてしまう可能性があるため注意が必要です。注文住宅を建てる際にかかる費用は、次の4つに分けることができます。土...

【建築の専門用語】注文住宅の打合せでおさえておきたい!

注文住宅で、おうちづくりをする中で、さまざまな専門用語が出てきます。どのような意味を持つ用語なのか知っておけば理解やコミュニケーションもスムーズに進みます。ここでは、ぜひとも知っておきたい専門用語について紹介していますので参考にしてください。●青田売り青田売りとは、建物が完成する前の段階で売買するこ...

注文住宅の実例から学ぶ成功・失敗【19選】

【実例】マイホーム購入のきっかけと良かったことここでは、注文住宅を購入するきっかけとなったこと、どのような考えで注文住宅を購入しようと思ったか、そして注文住宅を購入して良かったことなどについて見ていきましょう。購入するきっかけや考えをできるだけ多く知ることは、自身の行動の後押しや判断材料として役立ち...

理想の家づくりを実現するために

すべての人がよい家づくりを望み、
すべての住宅会社がよい家づくりを謳っているにも関わらず、
家づくりで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

>>失敗しない住宅会社の選び方のページに進む