常に間取りのチェックと修正をしよう

MENU

着工後もプランの見直しを心がける。

注文住宅のプランは、着工する前に
打ち合わせを十分に重ねて決定しておくべきですが、
工事が進み、現場に足を運んでいると、
必ずと言っていいほど、修正したい箇所が出てきます。
打ち合わせだけで、完璧なプランを立てることは難しいと思います。

 

 

しっかりと打ち合わせをして、
「もう変更箇所はないだろう」と思っていたプランでも、
実物を目にしてみると、イメージと違う箇所は多いはずですから、
着工後であっても、プランは常に見直すつもりでいてください。

 

注文住宅図面

 

 

着工後の仕様変更に、難色を示す住宅会社もありますが、
私の経験上、工事中に仕様変更をするのは当たり前のことです。
むしろ、変更のない現場のほうが少ないように感じています。
これから何十年にわたって住む家ですから、
後で「失敗したな」と思うことがないように、積極的に修正して大丈夫です。

 

 

ただし、修正したい箇所が完成してしまってからでは、
取り壊しや、材料の追加発注が必要になるので、
気になった箇所は、早め早めに担当者に伝えましょう。
次に現場に行った時...ではなく、その場で電話をかけてください。
※現場の段取りで、下地材などが先行して準備されるため

 

 

私の経験の中で多い変更事例は、

  • 窓の高さ、大きさの調整(採光の問題)
  • 床、壁材の材質(一部屋だけ材質を変えることが多い)
  • 棚、カウンターの追加、高さ調整
  • コンセント、電気スイッチ、エアコンの位置
  • 収納の増設、または縮小
  • ドアの向き、開き戸から引き戸などへの変更
  • 照明やキッチンなどの設備関係
  • キッチン、脱衣場のタイルの色

 

着工前にしっかりと打ち合わせをしているため、
比較的、軽微な変更ばかりです。
一番多いのは、高さや位置関係の変更です。
ご家族で身長差がある場合は、特に注意しましょう。

 

 

仕様変更の注意点として、部屋を増設するなど、
居住空間を増やしたり、部屋の大きさを変えたりといった大きな変更は、
構造上無理であったり、確認申請をとらなければならないので、
工事がストップしたり、工期が延びることを覚悟してください。

 

 

また、仕様変更には、お金のかからないものもありますが、
多額の追加費用が必要なものもあります。
担当者とよく相談をして、
必ず見積もり書をだしてもらってから変更を決定してください。

 

 

お客さんの中には、その場の思い付きで、
現場の大工だけに「ここを直してほしいんですが」と、
直接お願いをする方もいるのですが、
その場で直してもらうことができても、
後で会社側から費用を追加請求される場合があります。

 

 

以前、私が短期間所属していた工務店がそうでした。
一時間もかからないような簡単な変更でしたので、
気軽に引き受けたのですが、
後から会社側が気づいて小言を言われたそうです。
何とか、請求まではされなかったようですが...^^;

 

 

見積書や変更後の図面、証明書などを必ず作成してもらい、
詳細な金額を把握してから、仕様変更するかを決定してください。
できるだけお金のトラブルは回避したいところです。

 

おすすめ関連記事

 

>>注文住宅の失敗談@のページに進む

 

>>注文住宅の費用や相場TOPページに戻る

理想の家づくりを実現するために

すべての人がよい家づくりを望み、
すべての住宅会社がよい家づくりを謳っているにも関わらず、
家づくりで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

>>失敗しない住宅会社の選び方のページに進む