注文住宅会社の種類とその特徴

MENU

注文住宅会社の種類を知ろう!

注文住宅の依頼先は大きく分けて、

・ハウスメーカー

・工務店

・設計事務所

の3種類があります。

 

それぞれの特徴と、メリット、デメリットをまとめてみました。

 

家の施工例

 

 

チェック『ハウスメーカー』

 

<特徴>

・デザインや間取りを事前に設計し、組み合わせによって間取りを決める。

・契約・管理は自社で行い、施工は下請け工務店に依頼する。

・建材を自社で研究開発している。

 

<メリット>

・品質が一定で安定している。

・耐震、耐久テストをしており、データの裏付けがある。

・効率化が図られているため、工期が短い。

・アフターサービス、保証が充実している。

・社会的信頼性が高く、住宅ローン審査が通りやすい。

 

<デメリット>

・部材が規格化されているためプランに限界がある。

・規格外のオプションは価格が跳ね上がる。

・管理と施工が別会社のため、個々の対応で融通が利かないことがある。

・工事が始まってしまうとプランの変更が難しい。

・一般の注文住宅会社と比べ相場が高い。

 

<こんな人におすすめ>

・安定した品質を求めている人。

・耐震、耐久性などに裏付けされたデータがほしい人。

・知名度のある会社の方が安心できる人。

・工期が短い方がいい人。

・組み合わせによるわかりやすい家づくりを望んでいる人。

 

チェック『工務店』

 

<特徴>

・気候風土を理解しており、無理のない家が建てられる。

・地域密着型で、口コミによる集客をしている。

・それぞれに個性があり、特徴のある家づくりをしている。

 

<メリット>

・規格化されておらず、自由なプランが立てられる。

・中間業者がいないため安い費用で家を建てられる。
(下請け業者が存在する場合もある)

・工事が始まってもある程度なら仕様変更が可能。

・お客さんとの距離が近いので対応に融通が利く。

 

<デメリット>

・工務店によって提案力や技術力にばらつきがある。

・客観的な判断材料が少ない。

・アフターサービスがあっても、会社がつぶれてしまう危険がある。

・ハウスメーカーと比較すると工期が長い。

 

<こんな人におすすめ>

・自分の意見を反映した家づくりをしたい人。

・気候風土にあった家を建てたい人。

・低価格で家を建てたい人。

・職人の腕を重視したい人。

 

チェック『設計事務所』

 

<特徴>

・設計は建築家が行い、施工を請負工務店に依頼する。

・個性を生かした家づくりが可能。

 

<メリット>

・デザインの自由度が高い。

・建築家が設計、監理を行うので細部までこだわった家を建てられる。

・狭小住宅など、家が建てづらい土地にも対応可能。

 

<デメリット>

・10%程度の設計料がかかる。

・自社施工でない分、設計通りにならないことがある。

・設計期間が長く、長期的な家づくりになることが多い。

・実績を判断しにくく見極めが難しい。

 

<こんな人におすすめ>

・自分だけの個性的な家を建てたい人。

・家のすみずみまでこだわりを持ちたい人。

 

 

>>注文住宅の工法比較のページに進む

 

>>注文住宅の費用や相場TOPページに戻る

理想の家づくりを実現するために

すべての人がよい家づくりを望み、
すべての住宅会社がよい家づくりを謳っているにも関わらず、
家づくりで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

>>失敗しない住宅会社の選び方のページに進む