ハウスメーカー「泉北ホーム」の概要

MENU

ハウスメーカー「泉北ホーム」の注文住宅の概要

 

 

泉北ホームは関西を中心に
土地探し・新築戸建て・注文住宅など
家造りのすべてを行っている会社
です。

 

この記事では、泉北ホームの特徴やメリット、
家づくりのこだわり、工法や坪単価
について
紹介しています。

 

泉北ホームの特徴とメリット

泉北ホームの掲げる「逆目線」と
「お客様目線」にこだわった家づくりで
愛され続けて42年の理由と
その全貌を解説していきます。

 

 

逆目線の家造り

泉北ホームでは、
お客様の立場に立った「逆目線」をベースにし、
家造りを行っています。

 

しかし、単純にお客様目線でデザインや
間取り仕様を提案するだけでなく、
実際に住み始めてから
必要性を実感してもらえること

可能な限り先取りした提案を心がけています。

 

また、泉北ホームでは、専属の設計士、
インテリアコーディネーター、
工事監督がワンフロアのオフィスで
常に連携を取りながら
チームとして家づくりに取り組んでいます。

 

いつでもお客様の信頼に充分に応えていけるよう、
お客様の声を取り入れ、スタッフの専門知識、
アイデアを活かした家造りを実現するため、
日夜奮闘しています。

 

フル装備の家

泉北ホームの
フル装備の家」PREMIUMパッケージは、
生活に絶対必要なものが標準で付いている
オールインワン住宅です。

 

他社と比較すると、
通常ではオプションによる追加オーダーになるような
高品質で価格の高い住宅設備・構造ですが、
それを泉北ホームであれば標準仕様で実現できます。

 

納得できる装備にしようとすると
契約後にオプションの追加費用が
数百万円かかってしまう、
ということも少なくありません。

 

ハイクオリティを保ちつつ、
ローコストな注文住宅ができるというわけです。

 

それに加え、それぞれの装備は
どれも女性目線で選んだ
高機能なもの
ばかりです。

 

お客様のこだわりをさらに追加することも、
もちろん可能です。

 

次世代性能が標準装備

マイホームは完成させることがゴールではなく、
住み始めることがスタートです。

 

泉北ホームでは、そこから
何十年もの間住み続けていくことを想うとき、
それにふさわしい設計や
サポート体制が必要だと考えます。

 

今現在の基準ではなく、
2020年以降の次世代性能に合った、
先を見据えた家を目指す必要があり、
そして末永く暮らしの舞台となる
住まいのメンテナンスをサポートしていく考えです。

 

その一環として、
2020年の建築基準の改定で義務化される
長期優良住宅」の断熱基準をはじめ、
長期優良住宅」の性能基準を
クリアした家づくり
に取り組んでいます。

 

さらには、
「構造、断熱、窓、屋根、設備、外壁」の性能や
機能にこだわることで、
家にかかる全ての費用を考えた
「ライフサイクルコスト」を削減
する
住宅を実現
しています。

 

夏涼しく、冬暖かい住み心地で
水道・光熱費(エネルギーコスト)を抑え、
さらに、機能性の高い構造材等で、老朽化に伴う
修繕費(メンテナンスコスト)を抑えます。

 

初期費用だけでなく、
その後の生活コストまで考慮した
マイホームの提供が可能です。

 

 

泉北ホームの家づくりとは

泉北ホームの家づくりとは

 

泉北ホームでは、お客様にとって
大満足のマイホームを提供できるように、
しっかりと段階を経て、
二人三脚でマイホームの計画を立てていきます。

 

まずは来店

まずは来店してもらい、
そこで各分野のプロと相談会を設け
理想をお話してもらいます

 

住宅ローンのプロと資金計画相談会

注文住宅の見積もりであったり、
お客様が借りられる金額の相談や
住宅ローン仕組みなど、
資金計画のことについて深く相談できます

 

また、土地と建物の両方の資金計画や
シミュレーションを行ってもらえるので、
資金不足に陥るケースは発生しないでしょう。

 

アドバイス担当の方も、
ファイナンシャルプランナーの有資格者や、
元銀行員で住宅ローンのプロが専属で
お客様の家づくりに関わる
お金の相談を受けてくれるので安心です。

 

土地探しのプロと土地探し相談会

マイホーム造りを考えると、
どうしても先に建物ばかりに
着目してしまいがちになります。

 

しかし、どんなに理想的なマイホームを考えても、
それを建てられる土地がなければ、
話が前に進みません。

 

つまり、マイホームを建てる際に
まず大切になってくるのが土地探しと
その費用
になります。

 

泉北ホームは不動産部という部署を
立ち上げることによって、
建築会社の中に不動産会社を作りました。

 

これは土地・建物、双方に
プロの目線でお客様に
アドバイス・ご提案を出来るようにするためです。

 

これが土地探し&注文住宅で
失敗しない一つのポイントです。

 

建物のプロが間取りの提案

土地探しが決まったら、
もしくは並行して大切になってくるのが、
実際に住むマイホームの間取りです。

 

将来の家族関係や
こだわりの部分などを形にしていくため、
この間取りの相談も非常に重要なポイントです。

 

泉北ホームでは、快適な間取りを
よりリアルにイメージしてもらえるよう
3Dパースで提案します。

 

さらに、敷地調査・役所調査・見積りにいたるまで
無料で実施してもらえるので安心
です。

 

本社メインショールーム体験

ここまではペーパー上のやり取りや
見積もりなどの数字の確認のため、
なかなかマイホームについてのイメージが
沸きにくい方も多いかと思います。

 

そのような場合は、
住宅展示場モデルハウスを
参考にする
のもいいかもしれません。

 

ですがこのモデルハウスのみを参考にし、
契約するのは禁物です。

 

泉北ホーム本社では、7パターンのLDK、
色々な広さのお部屋、「フル装備の家」
全パッケージのキッチン・お風呂
洗面化粧台・トイレを見て触って体感できる
ショールームを備えてあるので、
より多彩なバリエーションを
直で確認することができます。

 

一生に一度のマイホームなので、
悔いが無いようしっかりと確認をしておきましょう。

 

契約から引き渡しまで

契約が済んでからのサポート体制も万全です。

 

設計担当、インテリアコーディネーター担当、
工事担当、アフターメンテナンス担当と
各セクションのプロがお客様の理想を
形にすべく万全のサポート
を行います。

 

お引き渡し後も
アフターメンテナンスなどが付いていますので、
実際に住み始めてからトラブルが発生しても、
迅速に対応をしていただけるので安心です。

 

 

泉北ホームの工法

泉北ホームの注文住宅の工法

 

泉北ホームでは、「在来工法」と
「ツーバイフォー工法」の2種類を採用しています。

 

在来工法

在来工法とは木造軸組工法といい
古くから伝わる工法で、
柱や梁を組み合わせた骨組みを作って
建物を支え、そこに床、壁、屋根を
取り付ける工法です。

 

壁で支える構造ではないため、
開口部などを大きく取りやすいのが特徴です。

 

一部を除いて、増改築が比較的容易にできます

 

日本生まれの工法のため、
日本で最も普及している工法です。

 

ツーバイフォー工法

ツーバイフォー工法は学術用語では
木造枠組壁工法と言われる、
近代において北米で生まれた工法で、
構造用合板を打ちつけて床、壁、天井からなる
6面体で建物を支える構造です。

 

面で支えるモノコック構造であるため、
スペースシャトルでも採用されるような
強固な構造
です。

 

また気密性にも優れています。
システム化・マニュアル化されていて、
釘の一本一本にいたるまで
国によって定められているため
品質が比較的均一になりやすい点が特徴です。

 

また国の基準をクリアした
雨に強い構造用部材を使用しなければなりません。

 

その結果、作り手によって
良し悪しが出ず安定した工法と言われています。

 

実際に
一般社団法人日本ツーバイフォー協会によると
地盤沈下、津波被害、隣家倒壊による被害を除き、
阪神淡路大震災ではツーバイフォー工法の家の
96.8%が残り、東日本大震災では
98%がそのまま残りました

 

ハウスメーカーによっては、
ツーバイフォー工法を選択すると
追加でオプション費用が発生してしまう
ケースもあるようです。

 

ですが泉北ホームはツーバイフォー工法、
在来工法ともに全てのパッケージで
標準仕様
となっています。

 

いずれかの工法を
地域環境や地盤、間取りに合わせた選択ができるのも
大きな魅力の一つではないでしょうか。

 

 

泉北ホームの注文住宅の見積もり及び坪単価

泉北ホームの坪単価は40万円から50万円
他社と比較しても 平均的な価格と言えます。

 

また、同じ間取りでも会社によっては
見積もり額が異なるケースがあります。

 

見積もりではどうしても
金額が気になってしまうものですが、
どこまで標準仕様となっているのか
確認することも非常に大切です。

 

安価な見積もりには、
必要な工事などが含まれていないこともあります。

 

自身のライフスタイルに合わせた家で暮らすためにも、
この見積もりの段階で
しっかりと見極める必要があるでしょう。

 

泉北ホームでは、
各担当部門が細かくアドバイスをくれるので
参考にしたり、また標準仕様である範囲が
他社よりも広いので、
数字以上のローコストを実感できるかもしれません。

 

 

泉北ホームの実績

1976年の創業以来、
泉北ホームが建築してきた住宅戸数は、
累計6,281棟にものぼります

 

現在は毎年約400棟以上の住宅を建て続けています。

 

注文住宅施工棟数「2×4工法・3階建て」において、
大阪府下9年連続1位を獲得しました。

 

また2016年度は大阪府下注文住宅施工棟数
「3階建て」部門で第1位を獲得したほか、
大阪府下注文住宅施工棟数
「2×4工法・2階建て」部門においても、
4年連続1位(2009~2012)の実績があります。

 

さらには、省エネルギー性能に優れた住宅を表彰する
ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」において、
2014年特別優秀賞、2015年優秀賞および審査委員賞、
2016年特別優秀賞3つおよび優秀企業賞を受賞しています。

 

2017年は特別優秀賞3つおよび優秀企業賞を受賞しています。

 

こうした実績もあり、
実際に泉北ホームで家を建てられたお客様へのアンケートでは、
97%の方が「大満足」「満足」とご回答しています。

 

 

おすすめ関連記事

理想の家づくりを実現するために

すべての人がよい家づくりを望み、
すべての住宅会社がよい家づくりを謳っているにも関わらず、
家づくりで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

>>失敗しない住宅会社の選び方のページに進む