ハウスメーカー「イザットハウス」の概要

MENU

ハウメーカー「イザットハウス」の注文住宅の概要

 

外断熱のパイオニア」としての誇りを持って、
住み心地ナンバー1の再生を期して、
これまで以上の社会貢献を掲げている

ハウスメーカーイザットハウス。

 

そんなイザットハウスの優れた家づくりと
オリジナルにこだわり貫いた部分についてみていきましょう。

 

 

イザットハウスの特徴とメリット

イザットハウスの特徴は、
地球環境にやさしい高性能住宅
です。

 

現在の省エネルギー基準は、
新たに冷暖房・給湯・換気・照明などの設備の
省エネルギー性能を合わせて総合的に評価されます。

 

イザットハウスが開発した外断熱工法は、
優れた断熱・気密性と省エネ設備を兼ね備えたことで、
この基準を大幅にクリア
します。

 

住む人に優しいだけでなく、
環境のことも考えて作られているのです。

 

 

低酸素住宅認定制度にも対応

低炭素建築物新築等計画の認定制度
をご存知でしょうか。

 

これは市街化区域などにおいて、
低炭素化に関する先導的な基準に適合する
建築物を認定する制度です。

 

この認定が受けられると、住宅ローンの減税制度
登録免許税などと言った税制面での優遇措置が可能であったり、

 

建築物の容積率の緩和ができるのです。

 

イザットハウスの外断熱工法でも
この基準を超えることができるので、
通常よりローコストな初期費用で
新築を手に入れることも可能なのです。

 

ゼロエネルギー住宅への取り組み

ゼロエネルギー住宅とは、
高断熱による20%以上の省エネと、
自家発電設備による80%以上の創エネルギーで、
実質的に消費エネルギーをゼロに抑える住宅のことです。

 

これにより、日々の光熱費がほぼゼロになり、
売電などを行えば臨時収入を見込める可能性も出てきます。

 

しかも現在日本では、このゼロエネルギー住宅の購入
国が推奨しているため、
100万円程度の補助金までもらえるのです。

 

こうした、ゼロエネルギー住宅の建築も、
イザットハウスはいち早く着目し、取り組んでおります。

 

イザットハウスの家造りとは

イザットハウスの家造りとは
イザットハウスが目指すのは「長寿命住宅」です。

 

日本の家は長持ちしないと言われております。

 

密閉化された空間で換気を怠り、
その結果結露が多く発生してしまい、住む人には不健康で、
耐久性に劣る住宅へと変わってしまいました。

 

限られた資源の中で、今後家を建てる際は、
もっと耐久性を意識したものへと
変化していかなければならないのです。

 

ライフサイクルコストを考える

住宅コストは主に3つあります。

  1. 建築時にかかる初期費用
  2. 住み続ける間に発生するランニングコスト
  3. 解体・廃棄のコスト

上記すべてを合計したものを
ライフサイクルコスト」と呼びます。

 

日本住宅の耐久性は20年程度と言われております。

 

そのため現在は「家を建てる際のコスト(建築コスト)」が
このライフサイクルコストの半分を占めています。

 

今後耐久性が増していけば、ライフサイクルコストのうち
建築コストが占める割合も小さくなり、
ランニングコストの比重が高くなります。

 

そのため、ローコスト住宅を建てることはもちろんですが、
今後はランニングコストをいかに安く抑えるかも
重要
となってくるのです。

 

ライフサイクルコストを抑えるには

ライフサイクルコストを抑えるためにも、
イザットハウスの外断熱工法が必要です。

 

基礎や骨組み、外壁、屋根といった住宅の「躯体部分」について、
メンテナンスなしで50年以上の耐久性を確保することが、
ライフサイクルコストを抑える上では
とても重要になってきます。

 

そのために、構造躯体を腐食させる原因でも
ある結露を発生させない外断熱工法が有効的なのです。

 

新築費用を考慮する際に、
思い切ってローコストの意識を少し和らげ、
経年劣化しにくい素材
耐久性のある素材などを用いて家づくりを行うことで、
将来的に発生する費用を抑えることができ、
総合的に見るとローコストになりえることがあるのです。

 

マイホームは一生ものですので、
家を建てる際は長い目で見た時、
どれだけお得なのかという先見の目を持って考えてみると、
イザットハウスの高耐久素材が
最も適していること
がお分かりいただけるでしょう。

 

 

イザットハウスの工法

イザットハウスの注文住宅の工法
日本は四季折々で天候や気温が変動し、高温多湿な国です。

 

そのため、通気性の良い家を建て、
湿気から家を守る建築方法を採用していました。

 

しかし、これでは夏場は快適なものの、冬場は
その寒さに耐えなければならないという我慢を強いられる家でした。

 

その後ある程度の密閉を保った家を開発したものの、
喚起不良などによる結露、カビ、谷の発生によって家は腐食し、
アレルギー体質などの健康不良に陥るなどの問題に直面しました。

 

このような問題を解決したのがまさしく
イザットハウスの外断熱工法だったのです。

 

外断熱工法とは

断熱材には内断熱と外断熱の2種類があります。

 

内断熱とは柱や間柱の隙間に断熱材を入れることです。

 

しかし、建物の軸組や構造材の部分は全く断熱されないため、
温度差などにより結露が発生しやすくなります。

 

代わって外断熱では、断熱材を外壁仕上げ材のすぐ裏側に入れるため、
建物全体を覆うような作りになります。

 

外断熱によるメリット

外断熱によるメリットは以下の通りです。

  1. ➀結露が発生しにくく、カビやダニなどのアレルギー被害が抑えられる
  2. ②構造全体を断熱材で覆っているため、室内の温度変動が小さく冷暖房が効きやすい
  3. ③柱などの構造体が保護されているため痛みにくい

 

➀は、外と中の気温差が激しいと暖められた室内の空気が
外気によって冷やされた壁面に触れると結露が発生します。

 

ですが、外断熱では室内の温度と建物全体温度が同調するため、
結露が発生いたしません。

 

湿度が低くなればカビや
ダニの発生も抑えられるのでアレルギー対策には十分有効です。

 

②は外断熱で建物全体を覆っているため、
部屋のみならず廊下などの部分も
一定温度に保つこと
ができます。

 

夏場や冬場は室内が快適でも廊下は暑かったり
寒かったりと温度差が激しいと思いますが、
そのような現象を避けることが可能となります。

 

扉の開け閉めが多くとも室内の急激な温度変化発生しないため、
冷暖房の効き目が高いのです。

 

電気代などの面でも節約でき、省エネを期待できます。

 

③は、構造躯体が外気温の変化や
紫外線・雨風・積雪の影響を直接受けないため、
これらが原因で引きおこる「ひび割れ」等が発生しません

 

よって耐久性の向上につながるのです。

 

イザットハウスの注文住宅の見積もり及び坪単価

家を建てる際に最も悩ましい部分が、費用ではないでしょうか。

 

中には現金購入でなく、住宅ローンを組んで購入される方も多いと思います。

 

イザットハウスでは総予算の内訳から、
ローンのサポートまでをしてもらえるので安心
です。

 

見積もり額を決定する際のポイント

住宅ローンで物件を購入する際に注意が必要なポイントは、
無理のない「月々の返済額」です。

 

この返済額から総予算を決めて、
予算の使い方の計画を立てる必要があります。

 

また、家造りでは、「本体工事費」「付帯工事費」「諸費用」などの費用が発生し、
思わぬ箇所で想定外の出費を強いられることもあります。

 

イザットハウスではそのようなことが無いように、
それぞれの費用の内訳からローンの内容まで
お客様の要望を取り入れつつ見積もりを作成
していきます。

 

イザットハウスが立てる「家」ならではの減税効果

イザットハウスが提供している長期優良住宅では、
金銭面で優遇措置を受けることが可能です。

 

詳細な条件はありますが、
登録免許税」「不動産取得税」「固定資産税」などは、
長期優良住宅であれば一般住宅よりも負担が軽減されます。

 

また、長期優良住宅であれば住宅ローン減税も適応されますし、
自己資金購入の際も、減税の特例措置が設けられたため
強化費用分の10%が所得税から控除されます。

 

こうした部分でローコストを図り、
丈夫で安全な家造りがイザットハウスでは可能なのです。

 

将来を見据えた坪単価

イザットハウスが提供する注文住宅の坪単価は55~65万円です。

 

これ以上安い戸建供給業者はもちろん存在しますが、
イザットハウスが目指すのは「長寿命住宅」です。

 

この先何十年と住み続けていくことを考慮すれば、
耐久素材や設備などに費用をかけることはむしろとても重要であり、
結果としてコスト削減につながるのではないでしょうか。

 

イザットハウスは、目先の金額で提案をするのではなく、
将来性を見据えた上で提案をしてもらえます。

 

イザットハウスの実績

イザットハウスは1993年に創業して以来、
一貫して外断熱工法のみを造り続けています。

 

また、全国に加盟店が存在しており、
定期的に「お宅訪問会」イベントなども実施しています。

 

実際に購入に踏み切る前に、建築事例を間近で確認することで、
より具体的なシミュレーションや
他社との比較を行うことができるのではないでしょうか。

 

近くに加盟店がない場合も、
イザットハウスに問い合わせいただければ、
建築計画の参考として、
「プラン」や「注文見積もり」を無料で提供してもらえます

 

おすすめ関連記事

理想の家づくりを実現するために

すべての人がよい家づくりを望み、
すべての住宅会社がよい家づくりを謳っているにも関わらず、
家づくりで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

>>失敗しない住宅会社の選び方のページに進む