ハウスメーカー「クレバリーホーム」の概要

MENU

ハウスメーカー「クレバリーホーム」の注文住宅の概要

 

クレバリーホームは、ローコストでありながら
品質の高い注文住宅を提供しているハウスメーカー
です。

 

暮らしやすい動線やエコな住まい、キレイが続く技術など、
住む人がそれぞれ快適に住めるカタチを提案しています。

 

ハウスメーカーによって家づくりはまったく違うため、
価格だけでなくメーカーのコンセプトや特徴を
しっかりと把握することが大事です。

 

ここでは、クレバリーホームの特徴や
構造・技術、サポートや保証について紹介
していますので、
自分に合ったメーカー選びをするためにも、
一つひとつ確認をしていきましょう。

 

クレバリーホームの特徴とメリット

クレバリーホームは
大手不動産会社の新昭和グループのハウスメーカーで、
千葉県を基盤にオリジナル外壁タイルを使用した
ローコスト住宅を提供
しています。

 

「本物」の外壁タイルを使用することで、
住む人の個性も表現ができ、
高い耐久性を誇る家づくりが可能です。

 

外壁タイルにこだわったクレバリーホームの注文住宅には
どのような特徴があり、
どんなメリットがあるのか確認しましょう。

 

 

外壁タイルにこだわった家づくり

家は建てるより建てた後の方が長いため、
クレバリーホームは美しい外観と
雨風に強い外壁タイル
にこだわってきました 。

 

タイルのすべてを知り尽くしている
ハウスメーカーだからこそできる家づくりを提供しています。

 

 

デザイン性が高く個性を表現

クレバリーホームの外壁タイルは
デザインバリエーションが豊富なため、
家を建てる人の個性を色濃く表現できます。

 

外壁タイル1つとっても、
こだわりを持って選ぶことが可能です。

 

 

耐候性・耐汚性・耐傷性

クレバリーホームの外壁タイルは、
自然素材を焼き固めて作っているため
天候による劣化や退色を防ぐ耐候性を備えています

 

また、表面の汚れを浮かして流す親水機能があり、
静電気も起こりにくいため
外壁の美しさを長期間保つことが可能です。

 

窯業系サイディングに比べて硬度も高く、
擦りキズや掻きキズが付きにくい耐傷性を誇ります。

 

キズや摩耗、雨や汚れにも強い理想の外壁材です。

 

ハウスメーカーと工務店の強み「住宅FC制度」

クレバリーホームでは、商品開発や
資材調達などに長けるハウスメーカーと
きめ細かいサポートやフットワークの良さが特徴の
地元工務店の良い所を組み合わせる
住宅FC制度を展開しています。

 

ハウスメーカー・工務店どちらの強みもあるため、
ローコストでありながら品質が高く、
きめ細かいサービスや
地元の知見を活かした提案をしてもらえますので、
安心して注文住宅の相談や設計、依頼が可能
です。

 

 

このように、クレバリーホームは
デザインに力を入れながらも、
品質が良く家族が安心して暮らしていける家づくりをしています。

 

クレバリーホームの家づくりとは

クレバリーホームの家づくりとは
ここでは、クレバリーホームの家づくりの
こだわりについて見ていきましょう。

 

外壁のメンテナンスコストを抑える

外壁タイルを使用することで、
外壁のメンテナンスコストを抑えることが可能です。

 

窯業系サイディングなどの一般的な外壁材の場合は、
初期費用が安かったとしても
10年程度で塗り替えが必要となります。

 

しかし、外壁タイルの場合は初期費用は
一般的な外壁材より多少かかりますが、
メンテナンスコストは半分以下で済む
ため、
長い目で見れば断然お得です 。

 

万一の際も安心の「住宅完成保証制度」

住宅完成保証制度とは、住宅が完成する前に
建築会社が倒産して未完成のまま工事がストップ、
さらには「前払い金が戻ってこない」
ということがないように保証する制度
のことです。

 

具体的には、万一契約したクレバリーホーム加盟店で
工事ができなくなったとしても、
代替え業者が工事をして完成させて引き渡しをします

 

この際、工事費用などは
クレバリー共済会から支払われるため、
お客さん側が費用を負担をすることはありません。

 

FCシステムのクレバリーホームだからできる
安心の制度です。

 

長期メンテナンス保証の「30年保証」

クレバリーホームで家を建てると30年保証が付いているため、
ローコスト住宅だから保証が心配」という方でも安心です。

 

マイホームの引き渡しから、構造躯体・防水機能・白蟻防除など、
アフターサービスとメンテナンス保証を各加盟店がおこないます

 

※30年保証は10年目・20年目に
指定の有償メンテナンスを受けることが条件となります。

 

10年間の「瑕疵保証」

クレバリーホームでマイホームを持つと
10年間の瑕疵保証も付いています。

 

瑕疵保証とは、基礎や柱、床、屋根などの
構造耐力上主要な部分」や
雨水の侵入を防止する部分」に
瑕疵(欠陥)が発生した場合に、
補修もしくは賠償することを保証するものです。

 

引き渡しから10年間が対象期間となり、マイホームを守ります。

 

クレバリーホームの工法

クレバリーホームの注文住宅の工法

「耐震性」が高く地震に強い家

多くの人が気になる耐震性。クレバリーホームでは、
独自開発した「プレミアム・ハイブリッド構法」を標準化しており、
地震に強い家を実現しています。

 

プレミアム・ハイブリッド構法とは、
土台から軒まで貫く柱で1階と2階を強固に一体化した
SPG構造や6面体で激しい揺れにも強いモノコック構造、
接合強度を高める高精度HSS金物、
高い強度を誇るエンジニアリングウッドなどを使用した
耐震性の高い構法
のことです。

 

実大耐震実験にて阪神淡路大震災の2倍強のエネルギーを受けても、
構造躯体・外壁タイルともに損傷はありませんでした。

 

マイホームや家族を守る高い耐震性を誇る注文住宅です。

 

「気密・断熱性」により夏は涼しく・冬は暖かい

クレバリーホームは、政府が推進する省エネ基準に先行した
高気密・高断熱・高遮熱仕様の住宅
です。

 

断熱材を隙間なく充填した外壁断熱や
アルゴンガス入りのLow-E複層ガラス、
天井断熱や床下断熱などを施しているため、
夏は涼しく・冬は暖かい快適な室内環境を実現でき、
高い節電効果が期待できます

 

マイホームを力強く支える「基礎構造」

外部からのエネルギーを受けても歪みにくい
「ベタ基礎」と、
従来工法より約2倍の引き抜き耐力があり、
あらゆる方向からの外力に強い
「柱脚金物」で、
住まいを強固に支えるため安心です。

 

また、土台・大引と床構造用合板を一体化させて
剛性に優れた根太レス工法の床構造を採用しています。

 

火災を食い止める「耐火・防火性」

火災が覚知・通報されて実際に消化活動が始めるまでの時間は
約9割が20分以内なため、
火事になったときはいかに被害を最小限に抑えられるかが、
住む人の命やマイホームを守る決め手になります。

 

クレバリーホームの注文住宅は、
火災に強い木材や防火仕様のタイルベースを使用し、
さらには機密性の高い
ファイヤーストップ構造・多層外壁構造となっているため
耐火・防火性が高く延焼防止に効果的です。

 

.末永く住める「耐久性」

湿気対策および防腐・防蟻処理により、
耐久性が高く永く住める丈夫な家づくりをしています。

 

クレバリーホームでは、
マイホームの全体を均一に換気する全周換気技術によって、
住宅内の湿気を排除し、
壁体内結露による断熱材の性能低下や
内部のカビ・ダニの発生、腐れを防ぐことが可能
です。

 

そして、最新の軟式加圧注入による防腐・防蟻処理により
木材内部にまで特殊な薬剤を浸透させ、
長期間にわたり安定した防腐・防蟻効果と
高い施工精度を実現します。

 

家族と永く住んでいける耐久性の高い家づくりが可能です。

 

住む人にも環境にも優しいエコロジーな住まい

国は自宅で創ったエネルギーが
自宅で使用するエネルギーよりも多い、
もしくは合計がゼロになる住まい「ZEH」を推進しています。

 

クレバリーホームで家を建てると、
高い断熱性と省エネ効果の高い設備の組み合わせ、
そして太陽光発電などの技術を採用をして、
ZEH基準を高いレベルでクリアしたマイホームを持つことが可能です。

 

 

クレバリーホームの注文住宅の見積もりおよび坪単価

 

クレバリーホームの注文住宅で建てるマイホームの坪単価は、
およそ30万円〜50万円
です。

 

ローコスト住宅を建てるハウスメーカーの中では、
やや高めですが、その分品質にこだわった家づくりをしているため
納得の価格と言えます。

 

もちろん、注文住宅の間取りや仕様などによって
見積もり・坪単価も変わってくるため、
よりローコストにすることで
新築時の費用を抑えることも可能です。

 

予算内に収まるように、注文住宅でマイホームを建てる際は、
事前にシミュレーションを必ずするようにしましょう。

 

 

クレバリーホームの実績

クレバリーホームはフランチャイズ展開をしており、
全国約150の拠点、さらに35の直営店を持ち、
年間3,000棟もの引き渡し実績があります。

 

全国トップクラスの規模であり、
多くの人たちの暮らしを支えているハウスメーカーです。

 

おすすめ関連記事

理想の家づくりを実現するために

すべての人がよい家づくりを望み、
すべての住宅会社がよい家づくりを謳っているにも関わらず、
家づくりで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

>>失敗しない住宅会社の選び方のページに進む