ハウスメーカー「ダイケンホーム」の概要

MENU

ハウスメーカー「ダイケンホーム」の注文住宅の概要

 

ダイケンホームは、
人と空間・環境の調和をテーマ」に
顧客本位の経営を掲げている企業です。

 

大手建材メーカーの大建工業を親会社とする
ハウスメーカーです。

 

関西を中心に、中部と関東に支店を設けて展開している
ダイケンホームの概要
を見ていきましょう。

 

ダイケンホームの特徴とメリット

低価格

ダイケンホームは、親会社が大建工業であるため
建材を安く手に入れることが大きな特徴の一つです。

 

平均的な坪単価で比較しても、
他社よりも比較的安価な価格帯で
注文住宅を建てられるかと思います。

 

オプション等で多少価格に変動は出ますが、
建材の価格は注文住宅の販売において
やはり影響が出やすいところ
です。

 

この部分の建材を安価で入手できるのは、
マイホームでコストを気にされている方には
有益な情報
なのではないでしょうか。

 

 

 安心の品質

建材がすべて大手メーカーの大建工業のものなので、
品質も良好で信頼ができる点が特徴です。

 

そのため、機能面も優れたものを提供できます。

 

「耐震」「耐風」「耐火」「空気環境」「耐久性」に
それぞれ重点を置いた住宅を販売しています。

 

こうした設備・機能面を比較的安価で提供できるのも
ダイケンホームならではの魅力の一つ
です。

 

 リフォームまで手掛ける

ダイケンホームは注文住宅だけでなく、
リフォーム資材の製造や販売
なども手掛けています。

 

注文住宅の建築時ではベストな間取りや設備であっても、
年月が経つにつれ徐々に住まいの形も変わっていくことでしょう。

 

例えば家族が増えて、部屋が足りなくなってしまったり、
歳を重ねるにつれてバリアフリー設備が必要になったりと様々です。

 

そうした、変化していく理想を実現できるのも、大きな特徴です。

 

 

ダイケンホームの家づくりとは

ダイケンホームの家づくりとは
ダイケンホームでは、いち早く日本の暮らしに
欧米住宅の快適性や品質を追求し、
お客様にご満足頂ける『家づくり』をお約束しています。

 

そして総合建材メーカーのグループ会社として、
建材には性能と品質にこだわりを持ち続け、
厳選された高品質・高付加価値の建材を採用することで
ワンランク上の『住まいづくり』を提供し続けています。

 

注文住宅だけではありません。

 

お客様一邸ごとに最適なリフォームプランもご提案いたします。

 

その自信の背景は大建工業グループとしての『信頼感』です。

 

また他社とのコラボレーションから生まれたリモデル製品のほか
DAIKENの高性能な建材もふんだんに使用できることで、
お客様のライフプラン、ご予算に合わせた、
きめ細かいご提案を実現
しています。

 

磨き上げた技術と、
アフターサービスで培った『対応力』があります。

 

永年に渡り信頼を勝ち得てきた、
この確かな『施工力』こそが、
ダイケンホームの家造りに活かされているのです。

 

 

ダイケンホームの工法

ダイケンホームの注文住宅の工法
ダイケンホームでは
ツーバイフォー工法」を採用しています。

 

最近はDIYを趣味にしている人も多く、
このツーバイフォーという言葉も
耳にする機会が多いのではないでしょうか。

 

ツーバイフォー工法とは、
2インチ×4インチの大きさの材料を基準として、
規格の大きさ数種類の組み合わせで、家の骨組みを構成します。

 

基本的には材料と材料を釘で留めて構成するために、
再業者の力量等に左右されにくいのが特徴
です。

 

そして、最大の特徴は、木造でありながら
優れた耐震性と気密性を誇った構造になっているということです。

 

従来の工法では、どうしても軸組の接合部が
衝撃に弱くなってしまいますが、ツーバイフォー工法なら
壁という面で衝撃を受け止めることができるので、
従来工法よりも地震や台風に強くなります

 

それだけではありません。注意点として、
施工中の雨の影響があります。

 

元々は欧米で考案された工法ですので、
雨の日数が少ないため、上棟中に雨が降る事態を考慮されておりません

 

詳しい注意点や自身の理想のマイホームが、
このツーバイフォー工法と合っているのかどうか、
担当者とじっくり話し合いをし、
納得した上で建築に取り掛かった方が良いでしょう。

 

 耐火性能

木造であっても、「省令準耐火構造」の対応ができています。

 

木造住宅で準耐火構造を取得することは大変ですが、
大手建材メーカーが親会社ということもあり、
しっかりと対応することができています。

 

これにより、準耐火構造でないと建てられない都心部でも
木造住宅を建てることができます

 

 空気環境

ダイケンホームでは、
ホルムアルデヒドを吸着する建材を使用しています。

 

新築してすぐのホルムアルデヒドが
多く放散する時期の濃度を下げる効果が期待できます。

 

ダイケンホームでは、これらの化学物質の測定を行い、
その結果を報告するサービスもあるようです。

 

 耐久性

ダイケンホームでは、耐久性に影響を与える
シロアリ対策に力を入れています。

 

加圧浸透式の薬剤注入を1回の床下などに行うことで、
シロアリ被害を抑えることが可能です。

 

また、法律で定められている地面から
1メートル以下の木材には薬剤塗布、
土壌にも薬剤を散布しています。

 

こうして3重でシロアリ対策を行うことで、
長期間に渡りシロアリに対して効果を発揮します。

 

 充填断熱仕様

主にロックウール断熱材で壁、天井を断熱し、
床には発砲プラスティック系断熱材を採用しています。

 

窓にはアルミの断熱サッシと高遮熱断熱の複層ガラスを採用し、
次世代省エネ基準を満たしています。

 

 

ダイケンホームの注文住宅の見積もり及び坪単価

ダイケンホームの坪単価は、約45万円から55万円です。

 

相場と比較しても比較的安価な部類に入るかと思われます。

 

安価で提案できる一番の理由は、
やはり大手建材メーカーの子会社である
ということが挙げられるでしょう。

 

しかし、マイホームの費用を考えるときは
決して坪単価だけで判断してはなりません

 

例えば、外構や解体、間取りの変更や
それに合わせた照明や設備の変更で、
いわゆるオプションの追加料金が発生します。

 

もちろん坪単価が安いに越したことはないのですが、
理想の注文住宅を作り上げるためにも
オプションの追加は欠かせないでしょう

 

そのためにも、しっかりと設計の段階から見積もりを出してもらい、
随時費用と相談しながら追加できる範囲を決めながら
計画を立てるといいでしょう。

 

また、ダイケンホームは建材会社ということもあり
リフォーム事業にも力を入れています

 

10年・20年などの節目や家族構成の変更などで
リフォームが必要になる機会もあるかと思います。

 

そんな時に、注文住宅を建てたのと同じ
ダイケンホームに頼めるという利点もあるので、
将来に渡り安心できます。

 

 

ダイケンホームの実績

ダイケンホームは、設立当初から壁や床、天井などを6面で支える
ツーバイフォー工法を日本の暮らしに
いち早く欧米住宅の快適さを取り入れており、
その歴史は長いです。

 

ツーバイフォー工法を日本で取り入れた
パイオニアと言っても過言ではありません。

 

耐震性、耐久性に関しては従来定評がありますが、
今は制震技術の開発なども行っております。

 

年間の着工棟数は300棟近くあり、
実績を確実積み上げ信頼を築き上げております。

 

建材メーカーだけあって内装仕上げ材などには
坪単価以上に良質な材料が使用されている印象があります。

 

お客様の声として、「豊富な知識と経験による
的確なアドバイスをもらえた
」、
提案力が素晴らしい」などが多いです。

 

やはり、その実績からリフォームの提案力の高さにも
非常に定評があり、クライアントの急な要求にも
柔軟に対応できる経験値が高く評価されています。

 

 

おすすめ関連記事

理想の家づくりを実現するために

すべての人がよい家づくりを望み、
すべての住宅会社がよい家づくりを謳っているにも関わらず、
家づくりで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

>>失敗しない住宅会社の選び方のページに進む