超低金利の今こそ固定金利がおすすめ!フラット35の要件をおさらいしよう

MENU

今こそ固定金利がおすすめ!フラット35の借入要件

2016年1月のマイナス金利以降、
住宅ローンの金利は超低金利時代に突入しました。
16年8月現在、ネット銀行だけでなく、
メガバンクでもフラット35の金利が1%を切る金融機関が出てきています。

 

 

変動金利との差が少ない今、
全期間固定金利のフラット35は魅力が増しています。
しかし、フラット35の適用を受けるにはいくつかの条件があります。

 

 

住宅に関する条件も複数あるため、
物件選びや注文住宅の打ち合わせ段階から、
それらを知っておかなければなりません。
フラット35の要件についてご紹介します。

 

住宅ローンの低金利化が進んだ今、フラット35の固定金利がおすすめ

 

フラット35は政府の支援により成り立っている

 

そもそも、35年という長期の固定金利は、
どのようにして実現されたのでしょうか?

 

本来、35年という長期のローンで
固定金利を適用するのは金融機関にとってはリスクが高いです。
金利変動が小さかったり、
変動が大きくとも当初より金利が低くなるのであればいいのですが、
現実には金利が高くなる危険性を含んでいます。

 

 

当初より金利が大幅に上昇すると、
金融機関は市場金利より非常に低い額の
金利しか受け取れず、経営が圧迫されてしまいます。

 

 

そのため、金融機関独自の固定金利は、
長くとも20年程度の場合が多いうえに、
金利も変動金利よりかなり割高に設定されています。

 

 

しかし、高い金利を嫌って皆が変動金利を選択してしまうと、
急激な金利上昇時にローン返済がままならなくなる人が続出してしまいます。

 

 

そんな事態を防ぐために、
政府は「35年の固定金利でありながら金利が低く抑えられている」
というフラット35の支援をしているのです。

 

フラット35の売り主は金融機関

 

フラット35を販売しているのは各金融機関ですが、
そのフラット35は住宅金融支援機構(以下、機構)が買い取ります(※1)。
これにより、金融機関はリスクを負うことなく、
低い金利でフラット35を販売できるのです。

 

 

機構は政府が全額出資して設立されました。
機構の目的は、単純に金利の安定した住宅ローンを供給することではなく、
良質な住宅を国民に提供するという目標も持ち合わせています。

 

 

そのため、広さや構造などが一定の水準を満たしてる、
いわゆる「質のいい住宅」だけがフラット35の適用を受けることができるのです。

※1 買い取り型のほかに保証型もあります。

 

フラット35の加入には、住宅が一定水準以上と認められなければならない

 

■フラット35の物件要件

 

物件に関する要件は以下のようなものがあります。

 

【住宅の床面積要件】

  • 一戸建て住宅、連続建て住宅、重ね建て住宅の場合:70平方メートル以上
  • 共同建ての住宅(マンションなど)の場合:30平方メートル以上

なお、敷地面積の要件はありません。

 

【住宅の技術基準に関する基準】

 

住宅金融支援機構が定めた
技術基準に適合している住宅が対象となります。
既述記入を証明する専門機関がありますので、
そこで証明書を交付してもらいます。
金額は検査機関により異なりますが、10万円程度が相場とされます。

 

■フラット35の人的要件

 

物件ではなく、人に係る要件もいくつかあります。
ただし、無理のない返済をするための規制であり、
審査から落とすためのものではありません。
決して厳しい条件ではありませんのでご安心ください。

 

  • 申込時の年齢が満70歳未満
  • 借入期間は35年ですが、完済年齢が80歳を超えられない 

 

人的要件として、借入額の返済比率の上限があります。
返済比率は年収によって異なります。

 

  • 年収400万円未満:返済負担率30%以下
  • 年収400万円以上:返済負担率35%以下
返済負担率とは年収に占める年間合計返済額の割合です。

ここで言う返済率は自動車ローンやカードローンなど、
他のローン額も含みます。

 

こんな場合はフラット35の対象になりますか?

 

最後に、事例別にフラット35の対象になるのか見てみましょう。

 

土地の購入費用も適用される?

住宅の建設のためであれば土地の購入費用も適用です。
ただし、購入日やローンの融資日に制限があります。

親や子どもが住むための住宅でも申し込みはできる?

可能です。申し込み人の配偶者、父母、祖父母のほか
条件を満たせば兄弟、おじ・おばも対象となります。

週末だけ利用するセカンドハウスは?

要件を満たせば利用可能です。
ただし、賃貸用の住宅では適用できません。

フラット35の要件まとめ

 

フラット35は金利上昇のリスクがなく、
返済額が一定で返済管理もしやすいです。
要件も決して厳しいものではなく、
最初に知っておけば問題ないものばかりでしょう。

 

 

これだけの低金利で、
一生金利が上がらない安心まで手に入れることができるフラット35。
皆さまも是非ともご検討ください。

 

住宅ローン節約するなら

 

おすすめ関連記事

 

>>住宅ローン金利は総支払額にどのくらい影響する?のページに進む

 

>>注文住宅の費用や相場TOPに戻る

関連ページ一覧

変動金利の基礎知識とリスク解説

何千万円という借入を行う住宅ローンでは、より金利が低い変動金利を選択する人が多い傾向にあります。少しの金利差が、総返済額で考えると何十万円もの差を生み出す以上、金利を重視するのは当然かもしれません。しかし、変動金には金利上昇という注意点があります。低金利が長期化する中、若い住宅購入者の中には金利上昇...

住宅ローンで失敗しないために気をつける3つのこと

注文住宅のように大きな買い物をする際には、ある程度の思い切りが必要です。しかし、思い切り過ぎると後にローン返済に苦しむ可能性もあります。考えたくもないことですが、住宅ローンの返済がきっかけで、人生そのものが破たんしてしまう人も、実際に存在するのです。ここでは、住宅ローンにありがちな誤算をご紹介します...

住宅ローン審査に通る方法を考えている女性

住宅を購入・建築しようと思った時、ほとんどの人は住宅ローンを利用します。しかし住宅ローンは誰でも組めるわけではなく、一定の基準を基に金融機関の審査があります。場合によっては審査に通らず、住宅ローンが組めない可能性もあるため、家の購入を考えている人にとっては恐ろしい壁に思えるかもしれません。住宅ローン...

フラット35と銀行ローンの違い

思い切って家を買おう!と決断しても、住宅ローンを組むことへの怖さはありますよね。大きな借金を抱えることになるのに、その仕組みがわからないと不安になります。例えば「固定金利だから安心」といわれる「フラット35」「変わらないという金利はどの時点で決まるのか?」「銀行のローンではないと聞くけれど、じゃあ誰...

住宅ローンが低金利化!今こそ固定金利がおすすめ

2016年1月のマイナス金利以降、住宅ローンの金利は超低金利時代に突入しました。16年8月現在、ネット銀行だけでなく、メガバンクでもフラット35の金利が1%を切る金融機関が出てきています。変動金利との差が少ない今、全期間固定金利のフラット35は魅力が増しています。しかし、フラット35の適用を受けるに...

住宅ローン金利の総支払額への影響

借入金利が軒並み超低金利時代の今、金利はないに等しいとも言われますが、実際に金利はどの程度支払額に影響するのでしょうか?また、もし金利の影響が小さいのならばどのように住宅ローンを選択すればいいのか考えてみたいと思います。■住宅ローンの総支払額を比較してみようまずは、金利と総支払額の関係を見るために以...

住宅ローンの金利は今後どうなる?

住宅ローン金利が8%超の時代があったことをご存知でしょうか。2016年1月に日銀がマイナス金利政策を発表したのち、住宅ローン金利は、全期間固定金利のフラット35ですら1%を切るものが登場しました。今後、住宅ローンの金利はどうなるのでしょうか?これ以上住宅ローン金利が下がることはないとも言われています...

住宅ローン金利は下げ止まり?低金利はいつまで続くのか?

2016年はマイナス金利の影響で、もともと低かった住宅ローン金利が更に低くなった年でした。2017年も約半分が過ぎ、このまま超低金利が続くのか?、上昇に転じるのかが気になるところです。最近の住宅ローン動向やトレンドを幅広く見ていきます。最近の金利動向まずは直近の住宅ローン金利動きをご紹介します。主要...

低金利化が進む住宅ローングラフ

住宅ローンの金利は低ければ低い方がいい、という人は多いです。確かに、毎月返済額に直結するので金利は重要です。金利だけを基準にした場合、変動金利を選ぶ人が多くなりますが、超低金利だからこその落とし穴も存在します。あまり知られていない変動金利のリスクについて解説します。■変動金利とは?変動金利は金利が定...

住宅ローンの諸経費はどんな目的で使われるの?

住宅ローンの諸経費は、物件価格の5%前後が相場といわれています。5%とはいえ、もともとの購入価格が高額なためその金額は軽視できません。大きな借り入れを行うときですので、支出は少ないほうがいいと考えるのが普通でしょう。ですが、この諸経費には今後の住宅ローンを守るために必要な費用も含まれているため、単に...

元金均等返済の仕組みとグラフ

住宅ローンにおいては、元利均等返済という返済方法を選択するのが一般的です。変動金利、期間選択型固定金利、フラット35など金利形態に関わらず、特に指定しなければ、元利均等返済という返済方法になるのですが、その特徴についてご存知の方は少ないのではないかと思います。住宅ローンを組むなら知っておきたい元利均...

将来の負担を軽減させる「ダブルフラット」

皆さんは、住宅ローンの「フラット35」を2本立てで組むことができるのをご存知でしょうか?住宅ローンは金利変動で返済額が変わることはありますが、元本が変わることはありません。そのため、返済の途中で教育費の負担が重くなったり、定年を迎えて返済が苦しくなる方も多くいます。そのような事態に備え、2本の住宅ロ...

夫婦での住宅ローン借り入れが一般化、知っておきたい連帯保証人について

以前は、住宅ローンは稼ぎ主である夫が加入するというのが一般的でした。しかし共働き世帯が増え続けているうえ、産休や育児休業制度も充実してきています。妻が就業しているならば、妻の収入も当てにするのが自然ではないでしょうか。妻の収入分も上乗せすれば、借入額も増やせます。これを収入合算といいますが、収入合算...

夫婦で住宅ローンを組むペアローンについて

住宅ローンの組み方のひとつに、夫婦それぞれがローンを組むという方法があります。“夫婦の財布は同じ”と考える人は、「どうしてわざわざ住宅ローンを2つにするのだろう?」と疑問を持つかもしれません。また、1人がローン名義人になり、もう片方が連帯保証人になれば済むという考えもありますよね。夫婦で別々に住宅ロ...

住宅ローンの親子リレー返済を理解しよう

住宅ローンを親が組み、いずれ子どもがローンを引き継ぐのが親子リレー返済です。親世帯が高齢であったり、子どもが若く年収がまだ低いなど、親子リレーローンを利用したいケースも多いですが、現在の日本では、あまり一般的な借り方にはなっていません。仕組みが分かりにくいうえに、金融機関ごとに適用条件が異なるので利...

住宅ローン控除に悩む家族

「お金が戻ってきますよ」と、単純に紹介されることも多い住宅ローン控除ですが、要件や申請方法の規定があります。どんな要件を満たす必要があるのか、見ていきましょう。■住宅ローン控除の要件住宅ローン控除は、年末の住宅ローン残高に控除率を乗じた金額が、支払った所得税から戻ってくるという制度です。住宅購入を考...

住宅ローンの返済が厳しくなったとき、どうすればいいの?

住宅ローンの何十年という長い返済期間には、病気や離職、事故や想外に家族が増えるなど、予想できない出来事が生じる時もあるでしょう。また、突発的な事由がなくとも、元々無理なローンを組んでしまったために、じわじわと返済が厳しくなることもありえます。これらの事態によって住宅ローンが返せなくなったとき、どのよ...

災害時の住宅ローンはどうなる?支援はもらえるの?

地震や噴火、大型台風など、近年災害リスクは高まっています。憧れのマイホーム、注文住宅を検討している場合、特に災害への不安は大きいではないでしょうか。マイホームが被災すると、住宅ローン返済に上乗せして修繕費をねん出しなければなりません。家が全壊しても住宅ローンが残ってしまうという最悪のケースもあるなか...

住宅ローンの預金通帳

日本人の国民性として借金を嫌う文化は根強いです。年配の人だけではなく、クレジットカードに若い頃から馴染んでいる世代でも、借金に対する抵抗が強いのを感じます。むしろ雇用が安定しない現代人のほうが、高額な住宅ローンへの警戒感は強いのかもしれません。そのような背景もあり、「住宅ローンは早く返済したい」とい...

理想の家づくりを実現するために

すべての人がよい家づくりを望み、
すべての住宅会社がよい家づくりを謳っているにも関わらず、
家づくりで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

>>失敗しない住宅会社の選び方のページに進む