夫婦で住宅ローンを組むなら知っておきたい『パパ・ママ育休プラス』

MENU

パパ・ママ育休プラスで育児休業の負担を軽減しよう

夫婦共働きだから住宅ローンも夫婦で組もう、
という考えは一般的になりつつなります。
しかし、育児休業を取得し復帰の予定でいても、
思う通りにいくとは限らないのが現状です。

 

 

もし、退職により世帯収入が減ってしまうと、
住宅ローン返済計画に大きな狂いが生じます。
会社復帰の壁を乗り越えるための強い味方、
『パパ・ママ育休プラス』という制度をご紹介します。

 

パパも取得できる、育児休業

 

「夫婦で住宅ローンを組んだ途端、予想外の妊娠発覚!
なんてことになったらどうしますか?」

 

 

妻の健康を気遣いつつ、
夫婦でワーキングママへの準備を始めましょう。
まず、育児に専念できる期間を見積もります。
「育児休業」は、幼い子どもの育児にかかる休業のため、
取得期間が原則1年と長く、父母ともに取得可能です。

 

 

出産後すぐの復帰には不安がありますから、
職場環境にもよりますが、
できれば最大公約数的な取得を目指したいですね。
ここで、パパ・ママ育休プラスの前に、
通常の育児休業制度をおさらいしましょう。

 

■育児休業のメリット

 

育児休業を「会社を休めるだけの制度」と考えてはいけません。
さまざまな経済支援があります。

 

【育児休業中】

  • 雇用保険から「育児休業給付」という給付金がある
  • 健康保険料、厚生年金保険料 申し出により支払い免除
  • 雇用保険料 休業中は保険料負担なし(ただし、会社から給料が出る場合は除く)
  • 所得税 育児休業給付金は非課税のため、所得税は引かれない

 

【その他のメリット】

  • 育児休業は、父親も取得可能
  • 復帰後も就学までは子どもの看護休暇が認められる

 

育児休業給付金は、育児休業の取得期間によっても変わりますが、
大体それまでのお給料の6割程度が受給可能です。
保険料負担なしに、しかも所得税も引かれず
それだけの給付金が得られるのは大きいですね。
ただし、所得税が引かれないということは住宅ローン控除額もなくなります。

 

パパ・ママ育休プラスとは

 

育児休業の概要をご紹介しましたが、
パパ・ママ育休プラスは、この育児休業を更にパワーアップさせたものです。

 

 

既述の通り、原則として
育児休業を取得できるのは子どもが満1歳になるまでです。
しかし、母親だけでなく父親も育児休業を取得すれば、
子どもが1歳2か月まで延長できるのです。

 

 

具体的な利用方法として、
母親が職場復帰する1歳の時期に、
父親が育児休業を取得するのが効果的とされています。

 

 

産後の職場復帰時は、
母親が精神的・体力的に消耗することが予想されます。
また、それまでそばにいた母親が仕事に行くことで、
子どもの気持ちが不安定になることもあるでしょう。
父親が育児休業を取得することで母子のケアを行うのです。

 

 

【パパ・ママ育休プラスのモデルケース】
パパ・ママ育休プラスのモデルケース

 

お子さんの誕生後、すぐに父親が育児休業を取得していたら、
育児休業は原則1回となっているため、
期間を分けて2回取得する、というのはできません。

 

 

しかし、出産直後に母親から育児休業を取得した場合は、
1年後に再度育児休業を取得することも可能です。
出産から8週間以内は母体の健康を
気遣うための産休期間中(母親が働けない法定休業)のため、
通常の育児休業とは区別されるからです。

 

どうしても職場復帰が難しい時は

 

産後の復職は簡単とは言えません。
いくら夫婦で協力しても、産後の肥立ちが悪い、
子どもが双子である、保育所が見つからない
などの理由でどうしても職場復帰ができないこともあるでしょう。

 

 

その時は無理せず機会を待ちましょう。
子どもが生まれて物入りな時期に、
世帯収入が減るのは不安も大きいでしょうが、
教育費が本格的にかかるのは
小学校高学年、または中学入学以降です。
教育費と住宅ローンの両立が苦しくなる前の社会復帰を目指しましょう。

 

育休中の返済が苦しかったら

 

若い世帯であれば返済期間の延長
銀行へ打診してみてもいいでしょう。
しかしすでに完済年齢が65歳以降の場合は、
返済期間を延ばすのは得策ではありません。

 

 

世帯収入が減って大変な時期かもしれませんが、
当初の予定通りしっかり住宅ローンを返済していきたいです。
節約や、一時的に返済額を減額してもらうといった方向で相談してみましょう。

 

 

■パパ・ママ育休プラスまとめ

 

当初の予定より世帯年収が減ると、
住宅ローンの返済計画は大きく崩れます。
しかし、育児休業を取得すれば、収入減は一時的となります。

 

節約が好きで、家計のやりくりも得意、という夫婦なら別ですが、
基本的には世帯収入は減らしたくないものです。
夫婦共働きを続けるために、使える制度は最大限利用していきましょう。

 

おすすめ関連記事

 

>>家を建てるなら知っておきたい『小規模宅地の特例』のページに進む

 

>>注文住宅の費用や相場TOPページに戻る

関連ページ一覧

すまい給付金で賢く費用削減

2016年5月現在、消費税は10%へ増税の可否、増税する場合の時期。これらの議論が大詰めを迎えています。マイホーム購入を考えている人にとって消費税が上がるのかどうか、上がるとしたら時期はいつなのかは切実な問題かもしれません。しかし政府は消費税を上げることで消費が冷え込まないよう複数の対策を講じており...

マイホームにかかる税金は何がある?

マイホーム購入時や購入後は、様々な税金が発生することはご存知だと思います。しかし、打ち合わせや建築中、購入時には、建築価格や住宅ローンに意識が奪われてしまい、意外にも、税金のことを忘れてしまう人も多いのです。そこで、マイホーム取得時の各種税金についてまとめてみました。住宅購入時の税金住宅購入時にかか...

固定資産税の役割と計算方法

土地や建物を保有すると固定資産税の納付義務が発生します。アパートなどの賃貸住宅とは違い、毎月の家賃(月々のローン)支払いだけという訳にはいきません。固定資産税はマイホームを所有している限り、継続して支払い続けなければならない費用です。一生付き合うことになる税金ですので、毎年いくらくらいかかるのか?金...

パパ・ママ育休プラスのモデルケース

夫婦共働きだから住宅ローンも夫婦で組もう、という考えは一般的になりつつなります。しかし、育児休業を取得し復帰の予定でいても、思う通りにいくとは限らないのが現状です。もし、退職により世帯収入が減ってしまうと、住宅ローン返済計画に大きな狂いが生じます。会社復帰の壁を乗り越えるための強い味方、『パパ・ママ...

相続税が減額される小規模宅地の特例とは

「家を建て、将来的には子どもに財産として与えたい」という親世代の方は多いのではないでしょうか?せっかく大きな買い物をしたならば、子どもに資産として譲りたいと思うのは自然なことだと思います。しかし、そんな親心など関係なく、土地を譲り受ける際には「相続税」が課税されます。購入時からそんなことを考えるのは...

長期優良住宅ってお得なの?

『長期優良住宅』とは、長期間良好な状態で住むことができるとされる住宅です。政府はいくつかの理由から優良な住宅の供給を目指しており、認定を受ければ税制面等での優遇があります。税制面でお得に言われる長期優良住宅ですが、面積や設備基準があるため、一般的な住宅と比較すると価格相場も割高になります。果たして価...

親からの住宅資金援助における贈与税

マイホーム購入ともなれば、その金額は大きなものです。そのため親から住宅資金を援助してもらったり、お祝い金をもらうという例は多いですが、その全てに贈与税がかかるわけではありません。贈与税が発生するかどうかのボーダーラインはご存知でしょうか?もし、ボーダーラインを超えてしまったとしたら、税率はどのくらい...

贈与税が非課税になる2つの特例とは

注文住宅を建てる際、親から資金援助を受けるという人は多いです。しかし、単純に資金援助を受けてしまうと贈与税が課税されてしまいますし、贈与税の最高税率は55%と高額です。贈与税の控除額はあるものの、単純計算で贈与額の半分以上を税金として納付しなければならないのです。そのため、大きな金額の動く住宅取得時...

三世代リフォーム特例

平成28年の税制改正にて「住宅の三世代同居改修工事等に係る特例」(以下:三世代同居リフォームの特例)が創設されました。親世代の介護などの理由により、自宅をリフォームして同居する世帯が増えたことで、リフォーム費用に対して所得控除が行われるという制度です。いわゆる世代間の助け合いのほか、祖父母世帯との協...

理想の家づくりを実現するために

すべての人がよい家づくりを望み、
すべての住宅会社がよい家づくりを謳っているにも関わらず、
家づくりで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

>>失敗しない住宅会社の選び方のページに進む