利用者数1位の変動金利!抑えておきたい基礎知識と変動リスクとは?

MENU

シェアNo1の変動金利!抑えておきたい知識と変動リスク

変動金利の金利上昇に潜むリスクとは

 

何千万円という借入を行う住宅ローンでは、
より金利が低い変動金利を選択する人が多い傾向にあります。
少しの金利差が、総返済額で考えると何十万円もの差を生み出す以上、
金利を重視するのは当然かもしれません。

 

 

しかし、変動金には金利上昇という注意点があります。
低金利が長期化する中、若い住宅購入者の中には
金利上昇の具体的イメージを持てない人も多いと思います。

 

 

バブル期には誰もがバブル崩壊を予想できず、
ほとんどの家庭が家計に大きなダメージを負いました。
しかし、冷静に準備、対処を行った一部の人々は、
損失を最小限に抑えることができたのです。

 

 

変動金利の金利がなぜ低いのか?
それは、「金利上昇時のリスクを借り入れ側が負うから」です。
将来、金利上昇が起きるか否かは誰にもわかりませんが、
予めリスクを認識することで、損失を最小限に抑えることも可能になるでしょう。

 

 

変動金利の抑えておきたい基礎知識から、
金利の変動リスクとはどの程度のものなのか?
初心者にもわかりやすく解説したいと思います。

 

 

■住宅ローンでシェア1位の変動金利

 

 

住宅金融支援機構の調査によると、
2011~2014年度の新規借入は変動金利が最多となっています。
低金利の影響で、全期間固定型や
2~10年間の期間固定型などもシェアを伸ばしていますが、
依然として変動金利が借入者数5割超の実績を誇っています。

 

 

変動金利は、金利が上昇するリスクはありますが、
固定金利と比べ金利が低いのが魅力です。
ここ10年程度、金利が下がり続けているため
金利上昇の懸念が薄れていることも変動金利が人気の要因でしょう。

 

 

また、年々住宅ローンの借換え手数料が低くなっています。
マイナンバーやインタネットの活用で契約書を省略し、
印紙代を不要とする金融機関も増えてきました。
手続き自体も、インターネットやスマートフォンの普及により利便性が増しています。

 

 

また、住宅ローンや借り換えに関する情報提供や
借り換えサービスも浸透してきました。
住宅ローンの返済計画を柔軟に考えられるようになったことも
変動金利人気の隠れた理由かもしれません。

 

住宅ローンの借り換えは、インターネットやスマホの普及により利便性が増している。

 

■全期間固定金利とはどんなもの?

 

 

変動金利と対極にあるのが全期間固定金利です。
全期間固定金利といえば日本住宅支援機構の「フラット35」が代表ですね。

 

 

フラット35の特色として、安定感は抜群ですが、
団信保険料が別に発生する(2017年10月より制度変更)ことや、
住宅ローンを組む際に「適合証明」という
物件の品質を証明するための検査が必要になったりします。

 

 

諸経費や手続き面での煩雑さがフラット35の難点ではありますが、
もちろん、それを補うだけの魅力ももっています。

 

  • 住宅要件を満たせば金利優遇が受けられる「フラット35S」
  • 返済期間が20年以下だと金利が優遇される「フラット20」
  • 当初親が返済し、その後を子供が引き継ぎたい、という場合の「親子リレー返済」

 

その他、中古住宅を購入し、
自分でリフォームやリノベーションを行いたい場合に利用できるリフォーム一体型や、
親の返済を子供が引き継げる親子リレー返済などもあります。

 

 

通常とは異なる借入でも利用できる住宅ローンが用意されているため
条件が当てはまるならば検討の余地があるでしょう。

 

 

■商品性でも比較検討しよう

 

 

住宅ローンは大きく分けて変動金利と固定金利に分けられます。
金利の特徴を理解することも大切ですが、
金利以外の商品性も知っておくとより良い選択ができるでしょう。
金利差による総返済額とともに、
商品の特徴が自分に合っているのかどうかも重要な要素だからです。

 

 

例えば、変動金利を検討していたが、
中古戸建てをリフォームして購入するのでリフォーム費用も組み込める
「フラット35リフォーム一体型」に決定した……などの場合です。

 

知っておきたい変動金利の特徴

 

一般的な変動金利は、半年ごとに金利の見直しを行います。
しかし、頻繁に返済額が変わると返済者は対応に苦慮するため、
返済額の見直しは5年ごとです。

 

 

金利の見直しスパンは半年ですが、返済額に反映されるのは5年ごと。
なので、金利が上昇したからといってすぐに返済額が上がるわけではありません。
5年間の金利動向により、返済者は次の返済額がどうなるか予測することが可能です。

 

 

■変動金利の返済額は急上昇しない

 

 

さらに、5年ごとに見直される金利は従前の1.25倍までという制限もあります。
この制限のため、例え金利が一定以上上昇したとしても、
返済額が一緒に急上昇することはありません。

 

 

一見安心に感じるこのストッパー機能ですが、
実は“諸刃の剣”でもあります。

 

 

それは金利が急上昇した場合には、
利息が毎月の返済額を超えてしまう可能性があるからです。

この場合返済額は全て利息の返済に充てられ、
元本が減らないだけでなく、利息の超過分も「未払利息」として返済額に上乗せされます。

 

 

もし返済最終日にもこれらの残額があるときには、
最終日に一括返済することになります。
少し難しいので
「金利上昇のペースが速すぎると、返済額の増加が金利上昇に追い付かない」
とイメージするといいでしょう。

 

 

2017年現在では、そこまで金利が上昇することは想定しにくいです。
しかし、もし未払利息が発生するような事態になったら、
繰り上げ返済や返済額を増額するなどして元金を減らしていく努力が有効です。

 

変動金利の決まり方

 

変動金利は金利上昇をこまめにチェックするのが大切

 

以上のように、変動金利は当初金利が低い分、
急激な金利上昇には注意が必要です。
リスクを回避するためにも金利動向の把握が欠かせません。
変動金利の金利はどのように決まるのか、ご存じでしょうか?

 

 

変動金利は各金融機関の「短期プライムレート」と連動しています。
短期プライムレートとは、優良企業向けの短期間融資金利です。

 

 

多少の金利差はありますが、
優良企業向け融資の金利ですので、優遇金利となります。
基本的に景気がいいと貸出し金利は上昇するため
景気が良くなると変動金利は上昇する、と覚えておくといいですね。

 

 

短期プライムレートは各銀行が独自に決定しています。
住宅ローンを組んでいる銀行で
常に最新の短期プライムレートと住宅ローン金利を確認したり、
住宅ローン関連のニュースをこまめにチェックするなどするといいでしょう。

 

金利上昇時の動き

 

金利上昇で返済額はどのくらい変化するのでしょうか?
固定金利と変動金利を比較してみました。

 

【共通条件】
・借入れ額2,500万円
・借入期間35年
・元利均等返済、ボーナス払いなし

 

【1:変動金利条件】
・当初金利0.8%
(以後、10年経過ごとに0.2%ずつ金利が上昇すると仮定)

 

【2:変動金利条件】
・当初金利0.8%
(以後、金利変動は一切なしとする)

 

【3:固定金利条件】
・適用金利1.2%

金利 総返済額 年間返済額
1:変動金利(金利上昇) 29,375,163円 約81~100万円
2:変動金利(金利変動なし) 28,671,180円 81万9,168円
3:固定金利 30,628,542円 87万5,100円

 

変動金利を選択し、金利が横ばいで推移すれば
固定金利と比べて約200万円も総返済額を抑えることができます。
いっぽう金利が0.2%ずつでも上昇し続けると、
固定金利との差額は約125万円にまで縮まります。

 

 

とはいえ、総返済額は全期間固定金利よりも抑える結果になりました。
多少の金利上昇ならば十分に許容範囲ということでしょう。

 

 

ただし、今回は金利上昇のスパンを「10年ごと」と長くしてあります。
返済当初10年間を低い金利で返済できたため
総返済額を抑えることができたのだと考えられます。
返済当初から金利が上昇する場合には総返済額の負担増は免れません。

 

 

■金利上昇時の繰り上げ返済は有効か

 

 

変動金利をより活用するために、
金利上昇までに5年間の猶予があることを利用したいです。
先のシミュレーションでは、
金利が上昇シミュレーション1と2で支払総額が大きく異なります。
そこで金利が低いうちに繰り上げ返済するとどうなるのか検証してみたいと思います。

 

 

【前提条件】
シミュレーション1において、5年後に100万円の繰り上げ返済を行う

 

総返済額:
29,016,047円

 

繰り上げ返済額は100万円にも関わらず、
総返済額ではそれをしなかった場合と比較して約350万円もの差が出ました。
金利変動は先が長いほど読みにくくなります。
変動金利を選択し、金利が上昇する前に繰り上げ返済できれば、
返済効率としては一番いいかもしれません。

 

 

ただ、繰り上げ返済の意思を持っていても、
実際にできるかどうかは別の問題です。
また、想定以上に金利が上昇することも否定できません。

 

 

そういった側面から、
「固定金利だと返済できないけれど、変動金利ならばギリギリ返済できる」
といった選択方法は非常に危険です。
変動金利選択の際は返済額や預貯金に余裕を持っておくことが一番のリスク回避です。

 

 

変動金利のリスクと基礎知識まとめ

 

変動金利には確かにリスクがありますが、
見直しは5年ごと(5年間は返済額が変わらない)、
返済額の上昇は従前の1.25倍まで、といったルールがしっかり設けられています。

 

 

もし金利が上昇して負担が増えても、
許容できるかどうかは各家庭ごとに変わってくるため、
いくつかのシミュレーションで金利選択をすることをおすすめいたします。

 

参考:
2015年度民間住宅ローンの貸出動向調査結果(PDF)|住宅金融支援機構

 

住宅ローン節約するなら

 

おすすめ関連記事

 

>>住宅ローンにありがちな3つのミスのページに進む

 

>>注文住宅の費用や相場TOPに戻る

関連ページ一覧

変動金利の基礎知識とリスク解説

何千万円という借入を行う住宅ローンでは、より金利が低い変動金利を選択する人が多い傾向にあります。少しの金利差が、総返済額で考えると何十万円もの差を生み出す以上、金利を重視するのは当然かもしれません。しかし、変動金には金利上昇という注意点があります。低金利が長期化する中、若い住宅購入者の中には金利上昇...

住宅ローンで失敗しないために気をつける3つのこと

注文住宅のように大きな買い物をする際には、ある程度の思い切りが必要です。しかし、思い切り過ぎると後にローン返済に苦しむ可能性もあります。考えたくもないことですが、住宅ローンの返済がきっかけで、人生そのものが破たんしてしまう人も、実際に存在するのです。ここでは、住宅ローンにありがちな誤算をご紹介します...

住宅ローン審査に通る方法を考えている女性

住宅を購入・建築しようと思った時、ほとんどの人は住宅ローンを利用します。しかし住宅ローンは誰でも組めるわけではなく、一定の基準を基に金融機関の審査があります。場合によっては審査に通らず、住宅ローンが組めない可能性もあるため、家の購入を考えている人にとっては恐ろしい壁に思えるかもしれません。住宅ローン...

フラット35と銀行ローンの違い

思い切って家を買おう!と決断しても、住宅ローンを組むことへの怖さはありますよね。大きな借金を抱えることになるのに、その仕組みがわからないと不安になります。例えば「固定金利だから安心」といわれる「フラット35」「変わらないという金利はどの時点で決まるのか?」「銀行のローンではないと聞くけれど、じゃあ誰...

住宅ローンが低金利化!今こそ固定金利がおすすめ

2016年1月のマイナス金利以降、住宅ローンの金利は超低金利時代に突入しました。16年8月現在、ネット銀行だけでなく、メガバンクでもフラット35の金利が1%を切る金融機関が出てきています。変動金利との差が少ない今、全期間固定金利のフラット35は魅力が増しています。しかし、フラット35の適用を受けるに...

住宅ローン金利の総支払額への影響

借入金利が軒並み超低金利時代の今、金利はないに等しいとも言われますが、実際に金利はどの程度支払額に影響するのでしょうか?また、もし金利の影響が小さいのならばどのように住宅ローンを選択すればいいのか考えてみたいと思います。■住宅ローンの総支払額を比較してみようまずは、金利と総支払額の関係を見るために以...

住宅ローンの金利は今後どうなる?

住宅ローン金利が8%超の時代があったことをご存知でしょうか。2016年1月に日銀がマイナス金利政策を発表したのち、住宅ローン金利は、全期間固定金利のフラット35ですら1%を切るものが登場しました。今後、住宅ローンの金利はどうなるのでしょうか?これ以上住宅ローン金利が下がることはないとも言われています...

住宅ローン金利は下げ止まり?低金利はいつまで続くのか?

2016年はマイナス金利の影響で、もともと低かった住宅ローン金利が更に低くなった年でした。2017年も約半分が過ぎ、このまま超低金利が続くのか?、上昇に転じるのかが気になるところです。最近の住宅ローン動向やトレンドを幅広く見ていきます。最近の金利動向まずは直近の住宅ローン金利動きをご紹介します。主要...

低金利化が進む住宅ローングラフ

住宅ローンの金利は低ければ低い方がいい、という人は多いです。確かに、毎月返済額に直結するので金利は重要です。金利だけを基準にした場合、変動金利を選ぶ人が多くなりますが、超低金利だからこその落とし穴も存在します。あまり知られていない変動金利のリスクについて解説します。■変動金利とは?変動金利は金利が定...

住宅ローンの諸経費はどんな目的で使われるの?

住宅ローンの諸経費は、物件価格の5%前後が相場といわれています。5%とはいえ、もともとの購入価格が高額なためその金額は軽視できません。大きな借り入れを行うときですので、支出は少ないほうがいいと考えるのが普通でしょう。ですが、この諸経費には今後の住宅ローンを守るために必要な費用も含まれているため、単に...

元金均等返済の仕組みとグラフ

住宅ローンにおいては、元利均等返済という返済方法を選択するのが一般的です。変動金利、期間選択型固定金利、フラット35など金利形態に関わらず、特に指定しなければ、元利均等返済という返済方法になるのですが、その特徴についてご存知の方は少ないのではないかと思います。住宅ローンを組むなら知っておきたい元利均...

将来の負担を軽減させる「ダブルフラット」

皆さんは、住宅ローンの「フラット35」を2本立てで組むことができるのをご存知でしょうか?住宅ローンは金利変動で返済額が変わることはありますが、元本が変わることはありません。そのため、返済の途中で教育費の負担が重くなったり、定年を迎えて返済が苦しくなる方も多くいます。そのような事態に備え、2本の住宅ロ...

夫婦での住宅ローン借り入れが一般化、知っておきたい連帯保証人について

以前は、住宅ローンは稼ぎ主である夫が加入するというのが一般的でした。しかし共働き世帯が増え続けているうえ、産休や育児休業制度も充実してきています。妻が就業しているならば、妻の収入も当てにするのが自然ではないでしょうか。妻の収入分も上乗せすれば、借入額も増やせます。これを収入合算といいますが、収入合算...

夫婦で住宅ローンを組むペアローンについて

住宅ローンの組み方のひとつに、夫婦それぞれがローンを組むという方法があります。“夫婦の財布は同じ”と考える人は、「どうしてわざわざ住宅ローンを2つにするのだろう?」と疑問を持つかもしれません。また、1人がローン名義人になり、もう片方が連帯保証人になれば済むという考えもありますよね。夫婦で別々に住宅ロ...

住宅ローンの親子リレー返済を理解しよう

住宅ローンを親が組み、いずれ子どもがローンを引き継ぐのが親子リレー返済です。親世帯が高齢であったり、子どもが若く年収がまだ低いなど、親子リレーローンを利用したいケースも多いですが、現在の日本では、あまり一般的な借り方にはなっていません。仕組みが分かりにくいうえに、金融機関ごとに適用条件が異なるので利...

住宅ローン控除に悩む家族

「お金が戻ってきますよ」と、単純に紹介されることも多い住宅ローン控除ですが、要件や申請方法の規定があります。どんな要件を満たす必要があるのか、見ていきましょう。■住宅ローン控除の要件住宅ローン控除は、年末の住宅ローン残高に控除率を乗じた金額が、支払った所得税から戻ってくるという制度です。住宅購入を考...

住宅ローンの返済が厳しくなったとき、どうすればいいの?

住宅ローンの何十年という長い返済期間には、病気や離職、事故や想外に家族が増えるなど、予想できない出来事が生じる時もあるでしょう。また、突発的な事由がなくとも、元々無理なローンを組んでしまったために、じわじわと返済が厳しくなることもありえます。これらの事態によって住宅ローンが返せなくなったとき、どのよ...

災害時の住宅ローンはどうなる?支援はもらえるの?

地震や噴火、大型台風など、近年災害リスクは高まっています。憧れのマイホーム、注文住宅を検討している場合、特に災害への不安は大きいではないでしょうか。マイホームが被災すると、住宅ローン返済に上乗せして修繕費をねん出しなければなりません。家が全壊しても住宅ローンが残ってしまうという最悪のケースもあるなか...

住宅ローンの預金通帳

日本人の国民性として借金を嫌う文化は根強いです。年配の人だけではなく、クレジットカードに若い頃から馴染んでいる世代でも、借金に対する抵抗が強いのを感じます。むしろ雇用が安定しない現代人のほうが、高額な住宅ローンへの警戒感は強いのかもしれません。そのような背景もあり、「住宅ローンは早く返済したい」とい...

理想の家づくりを実現するために

すべての人がよい家づくりを望み、
すべての住宅会社がよい家づくりを謳っているにも関わらず、
家づくりで失敗する人が後を絶えないのはなぜでしょうか?

>>失敗しない住宅会社の選び方のページに進む