注文住宅の工法比較

MENU

注文住宅の工法とその特徴

『在来・木造軸組み工法』

 

在来工法

 

在来工法は、日本で最も主流な工法です。
注文住宅全体の約8割が、在来工法で建てられています。
木造と聞くと耐震、耐火性能に不安を感じるかもしれませんが、
平成12年に建築基準が大きく改訂され、
現在の木造住宅では問題ありません。

 

 

近年では“プレカット”と呼ばれる構造材の機械加工が主流となり、
家の耐震性が大工の腕に左右されることなく、
耐震性能の均一化が図られています。
※プレカットでは対応できない複雑なプランの場合は、
手加工の工務店を選択する必要があります。

 

 

施工性に優れ、間取りの自由度が高いことや、
最も主流な構法で、住宅設備品の種類が豊富であるため、
予算に合わせた計画が立てやすいです。
建築構法の中で、相場が一番安いことも特徴。

 

 

リフォームでの間取り変更がしやすく、
古くから受け継がれてきた構法であるため、
高温多湿な日本の気候風土に適しています。

 

 

『ツーバイフォー・木造枠組み壁工法』

 

ツーバイフォー工法

 

ツーバイフォーは北米から輸入されてきた工法です。
在来工法と違い、柱や梁を使用せず、
2×4インチのパネル(構造用合板)を組み合わせて建てられます。
家全体が“面”でつくられるため、平面剛性に優れています。

 

 

合板を釘で固定するだけの簡単な構法のため、
施工性に優れ、工期が最も短いことが特徴。
在来工法とツーバイフォーを掛け合わせ、
柔軟性と剛性を兼ねた住宅を建てているメーカーもあります。

 

 

平面剛性によって、全体で強度をだしているため、
広々とした空間を確保することや
一部だけを変更することが極めて難しく、
間取りの自由度、リフォームに制限があります。

 

 

『軽量鉄骨・重量鉄骨造』

 

鉄骨工法

 

<軽量鉄骨造>

金属製の部材で建物を支える工法です。
軽量鉄骨造は、プレハブ工法とも言い、
工業製品のような大量生産を目的に開発された経緯があり、
主にハウスメーカーが軽量鉄骨造を採用しています。
工場生産によって精度が高く、短期間で安定した品質の家を
大量に供給することが可能です。

 

 

弱点としては工業化の結果、全てが規格化されているため、
ある程度限られた範囲内でプランを立てなければなりません。
また、この工法の詳細は各社で企業秘密になっていることが多く、
他社でリフォームをすることができません。

 

<重量鉄骨造>

マンションや高層ビルなどを建てるのと同じ構法で、
広々とした空間をつくるのに適しています。

 

 

強度が非常に高く、躯体のメンテナンス費用がかかりませんが、
材料が鉄であるため、断熱性能にやや問題があり、
光熱費などのランニングコストがかかります。
軽量鉄骨と違い、一般の工務店でも扱える構法で、
在来工法と組み合わせることも可能です。

 

 

『RC・鉄筋コンクリート造』

 

RC工法

 

鉄筋で組まれた骨組に、
コンクリートを流し込んで固定する工法です。
柔軟な鉄筋と圧縮に強いコンクリートを使用しているため、
耐震、耐久、耐火性能に優れています。

 

 

鉄骨造と違い、金属部分がコンクリートで覆われているため、
断熱性能が高く、遮音性にもとても優れています。
4つの工法の中で価格相場が一番高く、
コンクリートを固める期間が数か月必要なので、
工期はやや長めにみておきましょう。

 

 

>>断熱工法比較のページに進む

 

>>注文住宅の費用や相場TOPページに戻る

家づくりをはじめる前に、まず知っておきたいこと

誰もが『良い家づくり』を望んでいるのに、
その全てを任せる『住宅会社の選び方』はあまり知られていません。
効率良く情報を集めながら、最適な住宅会社を見つける方法をご紹介します。

>>失敗しない住宅会社の選び方のページに進む