欠陥住宅を回避する注文住宅会社の選び方

MENU

欠陥住宅なんて建てさせない!注文住宅会社の選び方

これから注文住宅を建てる人にとって、
気になる問題のひとつはやはり欠陥住宅でしょう。
幸せをつかむために何千万円ものお金を掛けて建てた家が、
失敗作だったのでは悲しすぎますよね。
欠陥住宅はその家に住む家族の人生を狂わせてしまいます。

 

欠陥住宅

 

そもそも欠陥住宅ができないように、
注文住宅の場合は建築期間中に検査員が来て、
家の状態を検査していくのですが、
金物の位置を確認していく程度なので、
あまりあてになりません。

 

 

正直なところ、私はまともな検査員に会ったことがありません。
「形式的に仕事をこなしているだけなんだな。」
という印象をもっています。

 

 

気にして目を光らせているお客さんもいますが、
工事期間中に家の欠陥を素人が見破ることは難しいです。
雨漏りなど、誰にでもわかる欠陥であれば分かりますが、
家の欠陥というものは、住宅関係者でもない限り、
なかなか気づくことができません。

 

 

正直に言えば、
欠陥住宅はどこの会社を選んでも起こりえることです。
しかし、出来る限り可能性の高い会社は避けたいですよね。
そのヒントとなる、危険性の高い会社の特徴をまとめてみました。

 

こんな住宅会社はやめておこう

 

『丸投げをする施工会社』

 

 

注文住宅の施工体制のひとつに丸投げというものがあります。
お客さんと契約をする会社と、
実際に施工する会社が別々という体制です。

 

 

丸投げというのは、ごく簡単に説明すると、
契約会社から下請け業者に、
「この金額で家を建てて、やり方は任せるから」
と言って図面や計画書が渡されます。

 

 

例えば、下請け業者が利益100万円で仕事をもらったとして、
三か月で建てれば月33万円。
二か月で建てれば月50万円の利益になります。

 

 

早く建てればその分取り分が上がるので、
(正確に言えば、早く建てなければ利益がとれないので)
多少の手抜きをしてでも工期を短縮しようとします。
施工者とお客さんの距離が遠く、責任意識が薄いことも原因です。

 

『なんでも屋さんは避ける』

 

 

最近では「家づくりのことならなんでもお任せ」
などと謳う工務店も増えてきました。
注文住宅、建売住宅、リフォーム、木造、鉄骨造、RC造......
一見して良さそうに思えるのですが、
「なんでもやる」とは、一つ一つの能力が低いということです。

新築の注文住宅だけでやっていける会社ならば、
そんなことをする必要はありません。

 

 

住宅会社自身が、一つ一つの工法に対して、
理解度が低く、経験にも乏しいため、
仕事でミスをする確率が高くなります。

 

『ハウスメーカーの下請け工務店』

 

 

誤解のないように前置きしておきますが、
ハウスメーカーで家を建てる分には問題ありません。

 

 

ハウスメーカーの下請けをしている工務店で、
家を建てることはやめておきましょう。
「大手のハウスメーカーから仕事を任されている」
と言えば聞こえはいいですが、
ハウスメーカーの下請けは、
自社物件の仕事がとれない弱小工務店がやっています。

 

 

自社物件で仕事がとれないということは、
プランニングや職人の技術力が低い証拠ですので、
そんな会社に注文住宅を頼んではいけません。

ハウスメーカーの住宅は、品質のばらつきをなくすため、
部材が工場生産され、組み立てるだけの簡単なものです。
普段から簡単な仕事をしている人間が、
たまに自社物件の仕事が入ったからといって、
いきなり丁寧な仕事はできません。

 

 

実際に「ハウスメーカーの仕事はもう辞めたい」と言って、
いちから修行をし直した大工を何人も見てきましたが、
難しい丁寧な仕事はできませんでした。
工期に追われ、簡単な仕事ばかりしていたおかげで、
“ここぞ”というところの詰めが甘いのです。
大工の技術力の低さはそのまま家の欠陥につながります。

 

『契約を焦っている会社』

 

 

住宅会社の営業マンの中には、
あなたに十分な説明をしないまま、契約を迫ってくる人がいます。
「今、契約をしていただければ値引きしますよ。」
などと言葉巧みにあなたを誘惑してきます。

 

 

訓練を受けた営業マンは、
販売心理学に則った営業をしかけてくるため、
意外にも、のせられてしまう方は多いです。

 

 

しかし、それは会社のノルマのためであって、
あなたにサービスするつもりはありません。
安い費用で契約をした埋め合わせは、どこかで必ずされます。
工期短縮や建材のランクダウンをされる危険性が高いです。

 

『お金を持っている雰囲気のある会社』

 

 

駐車場にやたらと高級車ばかり止まっているなど、
「この会社は儲かってそうだな」という
印象を受ける会社に頼むのはやめておきましょう。

 

高級車

 

こんな話をするのは気が引けるのですが、
実は、建築業界はあまり給料が高いものではありません。
適正価格でまじめな家づくりをしていれば、
一般建築でたくさんの利益を上げることは難しいです。
お客さん一人一人とのやりとりになるからです。

 

 

私は、全国的に有名な大工、
職人向けの技術指南書に載っているような
腕の良い大工を何人も知っていますが、
その人たちも例外ではありません。

 

 

我々、大工の間では、
「良い仕事をすればするほど儲からない」というのが常識です。
不思議な話に聞こえるかもしれませんがこれは事実です。

 

 

社員の多くがお金をたくさんもらっているということは、
安い建材を使い、利益を過剰に上乗せしている可能性があります。
そういう会社に限って技術力が低い上に、
誠意がなく手抜き工事をされる危険性が高いです。

 

 

>>今話題のZEH住宅!ZEH化のメリットや価格のページに進む

 

>>注文住宅の費用や相場TOPページに戻る

家づくりをはじめる前に、まず知っておきたいこと

誰もが『良い家づくり』を望んでいるのに、
その全てを任せる『住宅会社の選び方』はあまり知られていません。
効率良く情報を集めながら、最適な住宅会社を見つける方法をご紹介します。

>>失敗しない住宅会社の選び方のページに進む